車の維持費を安くする方法

ガソリンの種類についてと違い

サイトマップ
お気に入りに追加

ハイオクガソリンとレギュラーガソリン

ガソリンで国内で主に販売されているのは「ハイオクガソリン」と「レギュラーガソリン」の2種類あります。

ハイオクガソリンは「無鉛プレミアムガソリン」「無鉛ハイオクガソリン」、レギュラーガソリンは「無鉛ガソリン」「無鉛レギュラーガソリン」とも呼ばれています。

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いって?

一言で言うと「オクタン価」の違いです。

オクタン価とは、ガソリンのエンジン内でのノッキング(エンジン内の圧縮行程において、天下のタイミングのズレによって発生する異常燃焼)の起こりにくさ(耐ノック性)を示す数値のことです。

この数値が大きいほどノッキングが起こりにくいということになります。日本でのハイオクのオクタン価は一般的に98~100、レギュラーで90~92くらいとなります。ハイオクのほうがレギュラーより価格が高いのもこのオクタン価が良いからかもしれませんね。

車種によってガソリンを使い分けているのはなぜ?

車種によっては、グレードで使用燃料の種類が違います。ハイオクとレギュラーでハイオクの場合、ノッキングしやすいエンジンのために必要なので使い分けているのです。

ノッキングしやすいエンジンとは圧縮が高い、燃焼温度が高い、高性能エンジンのことなのですが、エンジンの燃焼室には外気とガソリンを混ぜ合わせた混合気が導入されます。ハイオクガソリンもレギュラーガソリンも、混合気は「燃焼室」という狭い部屋にピストンにおって押し込まれるのですが、燃焼室に汚れが堆積することで燃焼室の容積が小さくなります。ということは圧縮比が高くなってしまいます。

圧縮比の上昇=混合気が圧縮されたときの温度が以前より上昇

となるので、レギュラーガソリンのオクタン価ではノッキングが発生してしまう可能性があるのです。 こういったことがあるので車種によってガソリンが使い分けられているのです。

ハイオクを入れるとエンジンがきれいになる?!

ハイオクは実は多くの添加剤があらかじめ含まれているのですが、燃焼を促進する成分や洗浄効果を高める成分などがそれにあたるのですが、そういったことから「ハイオクを入れるとエンジンがきれいになる」と言われています。私も以前ガソリンスタンドの店員さんに聞いたことがあります。

先ほどハイオクとレギュラーの違いはオクタン価だと説明しましたが、ハイオクを入れるメリットは、

  • ・エンジンへの負担軽減
  • ・汚れの堆積を予防する
  • ・理論上では燃費が向上する

という感じです。レギュラー使用の車にハイオクガソリンをいれても問題はないです。でもハイオクはレギュラーガソリンよりリッター単価が高いので個人的にはレギュラー使用車にはレギュラーで乗っていますが!ここは所有者の判断になりますね。ハイオクガソリンを入れることはメリットがありますが、経済的にゆとりがなければわざわざ入れる必要は無いと思います。

燃費って結構バカにならない

車社会の地域や仕事上よく車に乗る方や、プライベートでよく遠出したりなど、車を頻繁に運転するという方は燃費もバカにならないと思います。燃料タンクが40リッターの車の場合で、ハイオクガソリン(148円/ℓ)を満タンにしようと思うと、ガソリン一回補給で5,920円かかります。車の乗る頻度が少ない方はそうでもないかもしれませんが、頻繁に乗る方は、燃料補給の回数も増えるので、その分燃費がかさみます。タンク容量が大きい車は満タンにするだけで万単位飛ぶ車もあります。経済的に余裕があったり、よほどその車が好きで乗れる余裕がある方は問題ないかと思いますが、燃費を良くする手段もあるので、燃費を良くする乗り方を実践してみたり、燃費が良い車に変えてみることで、燃費を必要最低限に抑えることができます。

>>燃費を良くする方法

>>今の車を買い替える