車の維持費を安くする方法

車検費用の相場

サイトマップ
お気に入りに追加

車検費用の内訳って?

車検費用は、車検基本料と法定費用の合計で構成されています。

重量税・自賠責保険料・印紙代が法定費用になります。法定費用なので、どこで車検を受けても必ず同額が掛かります。法定費用のことを諸費用と呼ぶ場合もあります。

車検基本料の部分は、いわゆる依頼された業者の儲け分で、基本的に24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料なども含まれています。ただし、別途追加整備が必要になったり、消耗品(各種オイル・タイヤ)などが必要になった場合は別途追加料金となります。

各種車検費用に違いがあるのは、車検基本料に違いがあるからで、点検整備をどこまでするか、どのようなパーツ・消耗品を使うかによっても料金は変わってきます。

法定費用について

法定費用は軽自動車で28,970円、乗用車で43,050円~67,750円です。ただ、エコカーだとこの金額より安くなります。13年経過している自動車に関しては、金額が高くなります。この金額はどこで受けても変わらないので節約はできません。

車検費用の目安

車検基本料は車検を依頼する業者によって違いますが、おおよそ下記の表のようになります。

車検費用合計
ディーラー車検 法定費用+40,000円~100,000円
車検専門フランチャイズ車検 法定費用+25,000円~80,000円
民間整備工場車検 法定費用+25,000円~80,000円
カー用品店車検 法定費用+20,000円~60,000円
ガソリンスタンド車検 法定費用+20,000円~60,000円
車検代行 法定費用+10,000円~30,000円
自分で車検 法定費用のみ

価格はおおよその目安です。消耗品や部品交換など追加整備が必要になった場合は、上記価格にくわえて別途追加料金が発生します。