車の維持費を安くする方法

自賠責保険に加入していない場合の罰則

サイトマップ
お気に入りに追加

自賠責保険に加入していないと・・・

罰則により罰せられる

全ての自動車(車・バイク・原付機付自転車)は、自動車損害賠償保障法に基づいて、自賠責保険に入っていないと運転することはできません。この自賠責保険に加入せずに人身事故を起こすと、自賠責保険から支払われる賠償金がすべて自己負担となります。たとえ任意保険に加入していても、支払われるのは自賠責保険の補償限度額を超えた金額のみです。

たとえ事故を起こさなくても、自賠責保険に未加入で運行した場合は一年以下の懲役または50万円以下の罰金、自賠責保険の証明書を所持していなかっただけでも30万円以下の罰金が科せられます。また無保険での運転は交通違反となり違反点数6点が付き、即座に免許停止処分となります。

事故を起こした場合に国土交通省などから求償される

交通事故を起こしてしまった加害者が自賠責保険に加入していなかった場合、国土交通省が損害賠償責任者(加害者や自動車の所有者など)に代わって被害者に損害のてん補を行った場合、国土交通省は、被害者が本来の損害賠償責任者に対して有する損害賠償請求権を代位取得し、損害賠償責任者に対して求償を行います。また、被害者が国民健康保険や労働者災害補償保険などの各種社会保険を利用した場合には、国土交通省以外の政府機関からもその損害賠償額を求償されることになります。

損害賠償責任者が弁済しない場合、国が、損害賠償責任者に損害賠償請求訴訟を裁判所に提訴することになります。その後、裁判所の判決に従い、損害賠償責任者が所持している自動車、土地や建物、給与等について差し押さえを実施し、裁判時に回収を行うことになります。

自動車やバイクは車検があり、そのタイミングで自賠責保険に入ることになるので加入し忘れるということは考えにくいのですが、250cc以下の軽二輪や原動機付自転車は車検制度が無いので、加入を忘れたり、更新を忘れてしまうことは起こりやすいです。

国土交通省で無保険者対策の実施をしている

以下は国土交通省で実施されている内容を抜粋しています。

①街頭での取り締まり

国土交通省の地方運輸局や支局などの職員が警察当局と協力して、幹線道路などにおいて、当該車両の運転者に対して自賠責保険証明書の提示を求め、当該車両が無保険車両であった場合は速やかに自賠責保険に加入するよう指導を行っている。

②監視活動

無保険車指導員による駅前駐輪場などでの街頭監視活動を実施。原動機付自転車や軽二輪車のナンバープレートに自賠責保険のステッカーが貼り付けされていない原動機付自転車や軽二輪車などの車両を発見した場合には、当該車両が無置けん車両の可能性があるため、ハンドルなどにその旨を記載した通知書を着け、自賠責保険の加入状況ついて確認させるなどの注意喚起を実施しています。

③加入状況管理業務

自賠責保険期間終了後、概ね6ヶ月を過ぎても自賠責保険の再契約の確認ができなかった場合に、当該車両が無保険車両の可能性があるため、契約を締結していた契約者に対して、その旨の通知書を発送し、保険期間切れなどについて確認させるなどの注意喚起を実施しています。また、監視活動により自賠責保険の契約が確認できない車両の所有者に対して警告書を発送し、通知書と同様、注意喚起を実施しています。

④無車検車・無保険車通報窓口

国民の方々が無保険者を見つけた場合に国土交通省へ通報する窓口が国土交通省のホームページ上に開設されているので、そこに寄せられた通報を基に当該車両の使用者に対し、自賠責保険への加入状況について確認を求める等の注意喚起を実施しています。

⑤自賠責制度PR活動

毎年9月頃に関係省庁や関係業界と協力し、自賠責制度の重要性や役割、無保険車運行の違法性・悪質性を理解してもらうためのPRキャンペーンを実施し、自賠責保険への加入の促進を図っています。

自賠責保険への加入は、損害保険会社の支店等をはじめ、クルマやバイクの販売店などで取り扱っていますし、原動機付自転車や125ccを超え250cc以下のバイク(軽二輪)については、郵便局(一部取扱いの無い局もあります)からでも手続きができ、一部の保険会社では、インターネットやコンビにでも手続きができるので、必ず加入しましょう。